トップページ

    このサイトではBMW3シリーズの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「BMW3シリーズの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる業者に売りたい!」と思っているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    BMW3シリーズを高価買取してもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定の比較をする」ということになります。1つの買取業者のみとか近所のBMW正規ディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、BMW3シリーズ(Bayerische Motoren Werke AG)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にBMW3シリーズの買取査定依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「BMW3シリーズをできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているBMW3シリーズの買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、数年落ちのBMW3シリーズでも高く売れる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    BMW3シリーズの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのBMW3シリーズの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社のみで売却を決めずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのBMW3シリーズでも高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の買取業者がBMW3シリーズの査定額を出してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたの愛車のBMW3シリーズを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携している業者も200社以上で、複数の業者があなたのBMW3シリーズの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したBMW3シリーズをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車に特化した外車買取店です。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間の取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車を専門とした輸入車の買取専門業者なので、ドイツ車のBMW3シリーズなら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    なので、ドイツ車のBMW3シリーズであれば先にランキング上位の車買取一括査定サービスを使って概算査定額をチェックしてみてください。

    いろんな買取業者に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたBMW3シリーズを売りましょう。






    車買取コラム

    中古車の売却を考えたならば、まずはじめにしなければいけないことは、今のところ車が一体どれくらいの査定相場なのか分かっておくことです。

    査定金額の相場を把握することによりひどく安く買い取られる可能性を大分減少させることが可能ですし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗に直ぐにそこで契約まで進んでも構わないでしょう。

    Webで簡単に多くの店舗に車の一括査定をしてもらえるサイトがありますから、これらのサイトから相場金額を把握することは容易いでしょう。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう元となってしまいます。

    でも、以前修理したことがあるすべての車が修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、板金などで修理した形跡があるとマイナス査定になることが多いでしょう。

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、約数万円程度のプラス査定になるでしょう。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合では残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。

    残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、売却する前に車検を通したとしても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格に加算されて回収出来ることはないでしょうから、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    個人間で調整したとしても保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所に相談する以外、手はありません。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、査定時直前になって慌てなくて済みますし結果的に良い値段で買い取ってくれることが多いです。

    準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

    それから他メーカーのパーツに交換した車の場合は、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    査定では純正のほうがプラスの査定がつく傾向にあります。

    他には、もし査定から売却までの期間を縮めたいのであれば、売却先を決める前に契約時に要求される書類を用意しておくと手続きがスムースです。

    中古車として改造車を売却する際、改造はどう査定に響くのかというと、現物や店舗次第という感じです。

    例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのなら評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、その部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、マイナス評価が入ることもあります。

    それから、買い手が躊躇するほどエキセントリックなものも、買い取って販売することを目的とする業者としては、迷わず減点対象にするはずです。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    普通自動車を売るのだったら車検証に加えて自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を準備しなければいけません。

    もし必要書類のうちの一つである納税証明書をなくしてしまったときには、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれる場所が違うのです。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。

    事故車や多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、何社かの査定士にみてもらっても値段がつかないケースが多いようです。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。

    そのほか、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    その場合は使える部品や部位については細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも納得のいく方を選ぶことが大事です。

    家族名義の車や別居の親族の車なども正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    まず売買契約に必要な書類のほかに、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、相当な労力と時間がかかることは否めません。